So-net無料ブログ作成

クルーゾン氏症候群 稲川淳二 [芸能]

スポンサーリンク




稲川淳二の次男 クルーゾン氏症候群という重い障害を抱えていた

24日の朝日新聞に掲載された記事だ


怪談で人気を博している稲川淳二

その稲川淳二が「クルーゾン氏症候群の息子を殺そうと思った」という衝撃の告白をしている


1986年 当時お笑い芸人であった稲川淳二に待望の次男が誕生した

妻と長男の3人家族でお笑い芸人としての仕事も順調で、まさに幸せの絶頂となるはずだった


ところが、稲川淳二、医師から聞きなれない言葉を告げられた



〝クルーゾン氏症候群〟



そう、生まれたばかりの次男がこの聞きなれない〝クルーゾン氏症候群〟という病気にかかっていたのだ




そもそも〝クルーゾン氏症候群〟とはどういう病気か


子供を持ったことのある人なら皆知っていると思うが、生まれたばかりの赤ちゃんは頭のてっぺんの骨がまだくっついておらず、触るとペコペコする

そして、頭骸骨の成長とともに少しずつくっついて正常な頭になるものだ


ところが、この〝クルーゾン氏症候群〟という先天的な病気にかかっている赤ちゃんは、すでに頭のてっぺんの骨がくっついているらしい


そのため、成長が進んでも頭蓋骨が大きくなりきれず、やがて変な圧力がかかるため、頭の形が異常に変形し、顔面の形が崩れ、目が飛び出す等の症状が出る。また知的障害や呼吸障害につながるケースもあるという




次男の誕生直後に、このような衝撃的な事実を突き付けられた稲川淳二


ほんの一瞬の事であろうが、病室で次男と二人きりになった時、


「次男の鼻を押さえて殺してしまおう」


と思ったという




かわいい我が子であるからこそ、その子の将来を悲観して、そう思ってしまったのだろう


無理もないことだと思う



だが、そんな一瞬の迷いも、妻が病室に入ってきたことで打ち消されたという




幸い、その後の手術が成功し、最悪のケースには至らなかったらしい



どんな状況であれ、生まれてきてよかったと思える人生を、稲川淳二の息子さんに送ってもらいたい



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました